スポーツ整形外科とは

スポーツ整形外科

主にスポーツによって起きたとされる、運動器(骨、筋肉、関節、神経 など)のケガや障害を中心に扱う診療科がスポーツ整形外科です。

スポーツによる損傷につきましては、スポーツの最中に発生した外力による組織の損傷(スポーツ外傷)と繰り返しの動作(使い過ぎ)によって関節や筋肉などに負担がかかることで発生する損傷(スポーツ障害)に分類されます。当院では、それぞれに対応した診療を行っていきます。なおスポーツ外傷やスポーツ障害による主な組織損傷とは、以下のようなものです。

診察の手順について

なお運動器に異常を感じて受診をする際の流れですが、最初に問診をし、次に徒手検査、関節可動域測定といった身体診察などを行っていきます。さらに診断をつけるために詳細な検査が必要と医師が判断すれば、画像検査(X線撮影、超音波検査 など)、生体検査(骨密度検査、関節鏡検査 など)、検体検査(血液、尿 など)をするなどして、原因を特定していきます。

これらの結果、MRIやCTなどの精密検査、入院加療を要するとなった場合、もしくは船外の場合は当院の提携先でもある病院や専門の医療機関を紹介します。

他院で手術日を設けているため院長自ら手術する事も可能です。手術後のリハビリは当院で行います。

スポーツ外傷 骨折、脱臼、捻挫、腱断裂、靭帯損傷、肉離れ、筋断裂、筋挫傷 など
スポーツ障害 使い過ぎ症候群(野球肩・肘、テニス肘、ゴルフ肘、ジャンパー膝、ランナー膝 など)

部位別にみたスポーツ外傷とスポーツ障害

部位 スポーツ外傷 スポーツ障害
頸部 頸部(頚髄、頸椎)損傷、バーナー症候群
肩・上腕 投球骨折 野球肩、水泳肩、上腕二頭筋長頭筋障害、肩峰下インピンジメント症候群
胸部 助骨疲労骨折
肘関節、前腕 野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、離断性骨軟骨炎、尺骨疲労骨折
手、指 スキーヤー母指、槌指
腰部 脊椎分離症
大腿 大腿骨疲労骨折
骨盤、股関節 骨盤裂離骨折 坐骨結節骨端症、骨盤疲労骨折、大腿骨頸部疲労骨折
脚の筋肉 肉離れ・筋断裂、筋挫傷
膝・下腿 半月板損傷、膝十字靭帯損傷、膝蓋骨脱臼 離断性骨軟骨炎、ジャンパー膝、ランナー膝、腸頸靭帯炎、鵞足炎、シンスプリント、オズグッド・シュラッター病、シンティングラーセン・ヨハンソン病、脛骨疲労骨折、腓骨疲労骨折、テニスレッグ
アキレス腱断裂、足関節靭帯損傷 シーヴァー病、アキレス腱炎・周囲炎、足底腱膜炎、中足骨疲労骨折、踵骨疲労骨折、舟状骨疲労骨折

スポーツ損傷によるリハビリにも注力

なお治療内容につきましては、ケガなどが発生したスポーツの種類、その時の年齢や性別、発症部位や障害内容、競技レベルなどによって異なってきますので、ご本人の意向をお聞きしながら最善の治療法をご提案いたします。そのため、些細なことでも気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

成長期にあるお子さんがスポーツに励まれている場合、骨や筋肉などを損傷させやすいことから、スポーツ損傷が起きやすいです。この場合の治療では、これからの成長の妨げにならない治療法によって、各競技種目による傷害の特殊性なども把握しつつ、運動能力を回復するためのサポートをしていきます。

また、当診療科は単に治療を目的としたものだけではなく、けがからの早期回復や再発の予防を目的としたリハビリテーション(筋力強化、ストレッチング、運動動作指導など)も行っています。内容につきましては、現在行っているスポーツの種目によって異なることもあることから詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。